第12回 日本新薬こども文学賞 受賞作品が決定しました。

 第12回「日本新薬こども文学賞」において、物語と絵画各部門の最優秀賞を含む16点の入賞作品を決定しました。12回目となる今回は、昨年11 月から今年2月まで物語と絵画を募集し、全国から物語1,173点、絵画277点の作品が寄せられました。

 応募作品は、絵本作家の山本省三氏、かさいまり氏、京都精華大学名誉教授の坪内成晃氏、小児科医の細谷亮太氏他3名、計7名からなる審査員によって厳正に審査され、物語部門最優秀賞は、梶田向省(かじたこうせい)さん(11歳:長野県在住)の「十二支は大変です」が、絵画部門最優秀賞には、花原淳子(はなはらじゅんこ)さん(61歳:大阪府在住)の「夜の森へ」が選ばれました。

 絵画部門では、本審査とは別に、当社の社員による投票を実施し、岸千裕(きしちひろ)さん(21歳:東京都在住)の「雨の日の演奏会」、植出美桜(うえでみお)さん(12歳:滋賀県在住)の「春のおとずれ」の2点を「日本新薬特別賞」として選出しました。入賞者には、10月に京都市内で開催を予定する表彰式で賞金等を贈呈いたします。

 当社では、最優秀賞を受賞した物語をもとに、絵画部門の最優秀賞を受賞した花原淳子さんが絵をつけた絵本3万冊を制作し、今年10月の完成を目指します。出来上がった絵本は、全国の小児科医院などの医療機関や公共施設等を通じて、広くこどもたちのもとに届けられるほか、WEBサイトでも閲覧できる予定です。

●第12回「日本新薬こども文学賞」受賞作品一覧

物語部門および絵画部門の各入賞作品および作家は以下の通りです。詳細は、リンク先をご確認ください

第12回 受賞作品一覧

部門作品名氏名(ペンネーム)
物語最優秀賞十二支は大変です梶田 向省
 優秀賞(大人の部)ねこの手をかりる南波 はんな
 佳 作 (大人の部)おもしろおばけ瀬野 美保
  痛いの、痛いの、飛んで行け田川 友江
 優秀賞(こどもの部)くまのすむまち山口 葵依
 佳  作(こどもの部)銀ネズミ幾多 愉希
  まゆ毛が家出した!!佐野 陽
絵画部門最優秀賞夜の森へ花原 淳子
 優秀賞(大人の部)月明かりの出会いNikolas
 佳 作(大人の部)じいちゃんとイモほりマミコ
  はねるはひるのつき杉本 千佳
 優秀賞(こどもの部)龍宮の使い糸田川 裕雅
 佳  作(こどもの部)大きい魚と小さい魚海老原 敬慈
  おかしちょうだい!佐々木 春佳
 日本新薬特別賞雨の日の演奏会岸 千裕
 春のおとずれ植出 美桜