ホーム > 第11回 受賞作品紹介 − 第11回 審査総評

第11回 審査総評

物語部門 選評

最優秀賞 『みみくそくん』 作:杉江 勇吾

 昨今のこどもの本の世界をにぎわす汚い系のブームに乗った作品かと読む前は思いました。しかし、物語の構成がしっかりしており、結末には心打たれました。こども文学賞の名にふさわしい作品に仕上がっています。絵本になれば、さらに「みみくそくん」のキャラクターも際立ち、こどもたちの人気を得ること、間違いありません。

(山本 省三)

審査風景
審査風景
こどもの部 優秀賞 『カナとアクビの女王』 作:冨川 晴名

 アクビの女王は魔法使い。夜更かしするこどもから起きている時の元気パワーを盗んで若返りエネルギーにしています。カナが「目覚まし時計」で女王を退治するアイデアがとても楽しい。物語の構成力と軽快な文章と愉快な展開が高く評価されました。冨川さんは「ことば忍法オノマトペ」(第九回最優秀)の作者。ぜひ物語を書き続けてください。

(すとう あさえ)

審査風景
審査風景
大人の部 優秀賞 『むかし行き専用タイムマシン』
作:尾崎 純郎

 家族が、認知症のおばあちゃんとどう向きあって過ごしていくのか、こどもにそれをどう伝えていくのかという課題を、タイムマシンという乗り物を通して問いかけていく力作。切なくも、明るく見守る家族の姿が、ほほえましく好感がもて、審査員の評価も高かった。

(かさい まり)

審査風景
審査風景

絵画部門 選評

最優秀賞 『白猫一家の休日』 作:長谷川 あかり

 幸せな白猫一家は、どんな休日を楽しんでいるのだろう。この一枚の絵から空想の世界が止まらない。絵画はことばによる物語でなく、交差する複雑なイメージの連続を、一瞬にして紡ぎだします。この作品は、猫親子が実際にその場にいるような空気に触れて、わたしたちの生活を膨らませてくれています。ほほえましい顔の表現も見事です。

(坪内 成晃)

審査風景
審査風景
こどもの部 優秀賞 『たくさんうめるにわとりさん』
作:仲川 真人

 画面一杯に描かれた構図はまさに圧巻。とても力強く惹かれました。そしてタイトルも素敵でした。描きたいものを気持ちの向くままに楽しんで描かれた絵というのは見ていて気持ちいいものです。たっぷりの想像力と気持ちが込められていることが伝わってきた作品でした。

(鈴木 潤)

審査風景
審査風景
大人の部 優秀賞 『ゆめの中にカラフルどうぶつ』
作:カミジョウ ミカ

 単純であって明解。強烈な色彩に囲まれた動物たちから、好き嫌いを超えた自由で陽気な感覚を与えてくれます。色による光の表現を普遍的なものとして画面にあらわせる。その色彩のうねりが、見る側に高揚するポップな気持ちとして伝えてくれます。明るい未来が訪れそうな予感がする作品となっています。

(坪内 成晃)

審査風景
審査風景