ホーム > 第十回 受賞作品紹介 − 第十回 審査総評

第十回 審査総評

物語部門 選評

最優秀賞 『おふろにはいるときは』 作:谷本 美弥子

 日頃、だれもがあたり前のように体験している“おふろに入る”という習慣の中から、お話の種をみつけだし、意外性にあふれる、楽しいお話を創りあげています。
 思わず、クスッと笑ってしまう、心あたたまる上質なユーモアが、特に高く評価されました。最優秀賞にふさわしい作品です。

(岡 信子)

審査風景
審査風景
こどもの部 優秀賞 『一輪車のえい画屋さん』 作:杉田 珠江

 少し前まで、写真も映画もフィルムでさつえいしていました。ですから、映画もフィルムを巻いたリールをクルクルまわして、スクリーンにうつしていました。この映写機のリールと一輪車を重ね、ペダルをこぐと映画がはじまり、それを動物たちが楽しむという、それはそれは美しいファンタジーの世界。すばらしい発想です。

(山本 省三)

審査風景
審査風景
大人の部 優秀賞 『ウサギ村のすもう大会』 作:天見 純二

 年に一度のウサギ村のすもう大会。優勝したのは月でおもちをつくウサギ、シロノスケ。シロノスケはすもう大会に出たいと思い続けながら、月から村をずっと見ていたのですね。なんていじらしいのでしょう。ほのぼのとしたやさしさで包まれたお話です。文章表現もとても丁寧で豊かです。審査員全員が高く評価しました。

(すとう あさえ)

審査風景
審査風景

絵画部門 選評

最優秀賞 『大空へ!!』 作:三谷 靱彦

 平面的な絵だけれど、連続して空けられたドットが、心地よいリズムやハーモニーを紡ぎ出しています。にじみやぼかしで色どられた明るい画面からは、懐かしさと新しさが不思議に合わさった世界を表現しています。さらに単純なモチーフだけで構成している大胆さが、見る側に様々な物語を連想させる意外性に富んだ一枚となっています。

(坪内 成晃)

審査風景
審査風景
こどもの部 優秀賞 『どあっぷ カブトムシ』 作:RIKUTO

 画面いっぱいに伸び伸びと描かれていて、大胆な構図が素晴らしい作品です。こちらに迫ってくるような力強さと、あふれる生命力に思わず笑みがこぼれます。愛くるしい瞳の表情がこの絵に温かさを加えていて、作者がカブトムシを見つめる時の、視線の優しさが作品から伝わってきますね。昆虫の魅力を見事に描き出した秀作です。

(鈴木 久美)

審査風景
審査風景
大人の部 優秀賞 『逃さないでと言ったのに』 作:倉羽 博之

 重厚で味わい深い作品です。昭和を思わせる機械じかけの生き物のような乗り物は、何を暗喩しているのでしょうか。卓越した描写に裏づけられたコラージュ風の技法は、時空を越えたSF的世界にぴったり。奇抜で少し不気味な雰囲気が、かえってユーモラスに感じられるのは何故でしょう。観た後、ずっと目に焼けつく力を持っている絵です。

(坪内 成晃)

審査風景
審査風景

審査を終えて

 今回は大人部門、こども部門ともに今までにないほどに面白いものが目白押しでした。最優秀作品を選ぶのもとても大変で審査員はうれしい悲鳴をあげたほどです。
 昨年に続いて今年もこども部門から絵本になる作品が選らばれるかもしれないという感じもあったくらいなのです。それほど杉田珠江さんの一輪車のお話は魅力的でした。こどもたちの作品はどれもやさしさに溢れていて読んでいてうれしくなりました。
 大人部門のお話はさすがに読んでいるこちらが引き込まれる独創性があり、おちの意外性も楽しめる作品が複数ありました。
 その中でも絵本にしたらどんなだろうという期待を持って谷本美弥子さんのおふろのお話が選ばれました。せきねまきさんのなっとうのお話も面白かったなあ。

(細谷 亮太)

細谷 亮太