1. ホーム
  2. 絵本

絵本

第三回日本新薬こども文学賞 『ふしぎな水色のゾウ』

★この絵本では朗読による音声が流れます。

※第三回制作『ふしぎな水色のゾウ』は、2016年11月現在、在庫がありません。

あらすじ

学校からの帰り道、バスをのりすごしてしまった「さや」が出会ったのはふしぎな水色のゾウ。 ふたりを結びつけたのは、いなくなってしまったはずのネコとの“やくそく”でした。
「生きるものはみな、なにかに見守られている」。そんなテーマを感じさせるやさしいお話です。

作 者

文:月ゆき
1973年生まれ。埼玉県在住のイラストレーター。第三回日本新薬こども文学賞物語部門にて最優秀賞を受賞。
人の心をあたたかくつつむ、楽しいお話をつくっていきたい。
絵:いしばし ひろやす
1960年生まれ。佐賀県在住。日本大学芸術学部美術学科卒業。イラスト・絵本・陶芸の分野で活動中。第三回日本新薬こども文学賞絵画部門にて最優秀賞を受賞。

細川先生

 年ごとに作品の質が高まってくるのを見せてもらうのは、まことにうれしいものである。
 公平に点数順に検討されて今回も順当に大賞と優秀賞が決まった。どの作品も私自身が高い点数を入れたものであったので、特にうれしく思った。大賞の「ふしぎな水色のゾウ」が素敵な絵を得て、すばらしい絵本になるのが楽しみである。 聖路加国際病院副院長 小児科医 細谷亮太